MENU

かぶれの原因に関する知識

生理 かぶれ 知識

 

生理中に起きる場合、原因としてナプキンの生地と体内に熱が籠もっているかどうか、そしてデリケートゾーンが摩擦を何度も受けていないかという事が考えられます。

 

摩擦を何度も受けているとデリケートゾーンで色素沈着がおこるため、黒ずみの原因になるので注意が必要です(デリケートゾーン 黒ずみ クリーム)。
ナプキンの生地がソフトでなければ、当然摩擦も大きくなる為、かぶれやすくなります。
1番はナプキン、2番目は下着のサイズと生地をしっかりと選び治す必要があります。
できるだけ刺激の少ないものが好ましいのです。

 

そして体内の熱の状態は生理の状態にも影響し、1番厄介ですがしっかりと考えておくと良い原因です。
これは、生理前に痛みが強いか、生理中に強いか、生理後ぐったりとするか等で簡単に判断出来るものです。

 

もし生理前に痛みが強ければ、
子宮内に血液が集まりすぎて痛みが出ている可能性があります。

 

又、大腸が熱を持って詰まっている為、
子宮の大きさが限定されて痛みが出ている場合もあります。

 

生理前、生理中に痛い場合は終わった時にスッキリすれば、体内の要らない熱がしっかりと排泄された状態ですので身体としては良い状態ですが、
その間かぶれやすいので飲食の内容によって熱をもったのか、それとも日常生活が不規則なのかをしっかりと考えてください。

 

これだけでもかぶれ方が変わってきます。

生理後しんどい方のかぶれ

生理 かぶれ 知識

 

問題は、終わった後しんどくて、かぶれのある場合は、栄養が足りないか血液が出過ぎている場合が多く、体力を異常に消耗している為、病気の1つと捉えた方が良いのです。
毎月来るものですから、多少の異常があっても、当たり前に感じやすいものですが、実はここをしっかりと考えておくことで、日頃の体調管理やかぶれだけでなく、出産にも大きく影響してきます。

 

普段から栄養が不足しているか、血液を消耗するような精神的なストレスに多く晒されているか、睡眠が少なくてしっかりと身体をリセットできていないかの3点を先ずは見直す必要があります。

 

デリケートゾーンは、他の皮膚と異なり、防御力が弱いという欠点はありますが、体調が悪くなればそれもすぐに反映する為、原因が何かを突き止める為の指標の1つとなる点においては利点でもあるのです。

 

黒ずみの原因にもなりますので、日常生活でなんらかの不摂生が身体に大きく影響しているようであれば、事前に対処しておくことで、将来的にも健康な身体をつくることができます。

 

このように単なるデリケートゾーンの問題としてだけでなく、心身合わせた身体全体の状態の指標として考え、下着や専用クリーム、食生活、日常生活を合わせて考える事が大切です。